風俗店員になるのはやめたほうがいい?一般人はやめとけ!

どうも!かめ太郎です!今回は風俗店員になるのはやめたほうがいいのかということについて説明します。

一般人は風俗店員になるのはやめとけ!

最初に結論からお伝えします。あなたが普通の一般人であれば風俗店員になるのはやめたほうがいいです。

普通の一般人とは

同じ会社に何年も勤続している

勤務態度も真面目
特に仕事ができないということはない

など、ごく普通の一般的な会社員のことです。特に、オフィスで働いているホワイトカラーのサラリーマンは風俗店員になるのはやめたほうがいいです。

風俗スタッフはきつい、休みが少ない

風俗スタッフになるのをやめたほうがいい理由は簡単です。休みが少なくてきついからです。長時間労働ですし休日も少ないです。休日に関してはこちらの記事を御覧ください

 

また、給料も求人広告に書いてあるような高収入がいきなりもらえることはほぼないです。ただ風俗業界は出世スピードが非常に早く、努力次第では入社後数年間で1000万円稼ぐことは不可能ではありません。

 

https://kamejob.com/741/

 

また、風俗業界の人間を冷たい目で見てくる奴もいます。

 

風俗業界で働いているのがバレて奥さんが実家に帰ってしまい、義父に説教された人を実際に私は知っています。もちろん私かめ太郎も風俗業界の仕事をしていることは親や友達には一言も話していません。

 

このため、中小企業でもサラリーマンとしてまともに働いている方は風俗スタッフになることはおすすめできません。

 

まともじゃない人は風俗スタッフはおすすめ!

 

ただし、まともな人生を送ったことがない人、今の状態が地獄の人、フリーターなどの非正規労働者は風俗業界で働くことをおすすめします。なぜなら、風俗業界は一般のホワイトカラー(オフィスワーク)のサラリーマンと比べるときついですが、ブラックな職業と比べると非常に楽です。

 

また、給料も初任給が25万~35万程度と普通の職種より高めに設定されており、その場しのぎのツナギとしてもぴったりです。

職歴が汚い人

普通の一般人がもし、風俗店員になりたがっていたら、私はやめとけといいます。、ならないほうがいいです。このため、ほとんどの人にはあまりおすすめできません。ですが、職歴が汚くてまともな会社からお呼びがかからない方には非常におすすめです。

 

風俗業界は学歴、経歴不問であることが多いです。大手デリヘルグループなどは35歳以下で大卒しか取らないところもありますが、ほとんどの風俗スタッフの求人は誰でも応募できます。このため、職を転々としている方でも問題なく合格できます。

仕事ができない人

風俗スタッフはやめたほうがいい職種なのですが、仕事ができなくて毎日怒られているような人材にもおすすめです。たとえば、コピーや伝票整理など基本的な事務作業ができない人間でも、風俗スタッフならヒーローに慣れる可能性があります。

 

なぜなら、風俗業界では要求される仕事のレベルがあまり高くないからです。

 

仕事の覚えが遅くてもそれが普通なので気にすることはありません。

 

また、風俗店員の離職率は非常に高いので毎日我慢して働いているだけですぐに店長になれます。

 

今の時代ITの発達によって仕事ができない人間が目立ちやすく、会社から目の敵にされやすいです。ですが、風俗業界はそもそもITを用いる仕事自体ほとんどありません

 

このため、あまり仕事ができないと自覚している人間や毎日怒られているような人間にとって非常におすすめです。

 

ちなみに私かめ太郎も新卒の頃はコピーすら取れずに毎日怒られていましたが風俗業界に行った所、2年半で年収1000万円を超えました。

 

風俗スタッフになるのはおすすめできないが・・・

繰り返しますが風俗店員になるのは一般的な人間にとってはおすすめしません。ですが、まともじゃない人間、昼職で通用しなかった人間にとってはおすすめです。拘束時間が長い以外はあまりきつくないので、使えないレッテルを貼られた私のようなダメ人間でも大活躍できるのが風俗店員なのです。

ページの先頭へ戻る