風俗店に就職したら逮捕されるリスクはあるのか?

どうも!かめ太郎です!今回も風俗店員の逮捕リスクについて説明しよう!

 

平の風俗店員が逮捕されるリスクはゼロ!

 

ぶっちゃけて言うと、管理職でもない平の風俗店員は逮捕されるリスクは全くない。
もちろん、あなたがお店の女の子にちょっかい出したりした場合は話は別だけどなw

 

風俗店が摘発されるケースは主に2つある。
一つは本番行為だ。
これはお店ぐるみで本番をあっせんしていた場合、警察に摘発される。
この場合逮捕されるのは責任者である店長クラス以上だ。

 

具体的な事例としては、デリヘルのホームページに本番OKみたいなことをほのめかしたり、l
エステ店でこっそり本番行為を行ってると摘発対象になる。

 

ただ、大手グループで今時本番をあっせんしてるとこなんか全くないと言い切れる。
なぜなら、過激な経営を行っている店舗はすでに警察に摘発されているからだ。

 

だから、逮捕リスクが大きいのはホームページもロクに更新されていないような中小の風俗が一番やべえんじゃないかな。

 

二つ目のリスクとしては、ヤクザがらみだな。ヤクザに上納金とかを収めていると暴力団関係者とみなされ、それだけでお店は取り潰し、経営者は即逮捕となる。ただ、この場合はもちろん末端の従業員は関係ないからおとがめなしになる。

 

これも大手の場合だとヤクザとの関係が一切ないところが多いから、あまり気にする必要もないな。あとヤクザがらみの場合、捕まるのは風俗店員ではなく経営者層だけだから、末端には関係のない話ではあるな!(職場がなくなるという最大のネックはあるけどな!)

 

定期的なガサ入れも

あとは、定期的なガサ入れの対象になってしまい、逮捕されることもある。これは警察が定期的にソープランドや店舗型ヘルスなどを家宅捜査して微罪で逮捕する恒例行事のようなものだ。

 

近年では都内のピンサロ店が「店内で従業員女性に性器を露出させた疑い」という完全ないちゃもんレベルの罪で摘発された。
これはオリンピックの前の見せしめ逮捕だというのが有力だ。このように、風俗店を営業していると理不尽な罪で警察に逮捕されるリスクというのがつきまとうんだ。

 

ただ、もちろん本当に何もしていない店舗が逮捕されることはまずない。

 

何かやましいことがあったり、近隣住民とトラブルになっていたり、警察に被害の相談や通報が多いところが目をつけられるという噂だぞ。
あとは店舗を拡大してもうけまくっていると何かやましいことがあるんじゃないかと警察に目をつけられて見せしめに逮捕されることもあるみたいだな。

 

もちろん、ガサ入れの場合も逮捕されるのは店長クラス以上だし、逮捕されたとしても微罪だからすぐに釈放されてお咎めなしのケースが多い。

 

風俗店が逮捕・起訴されて裁判沙汰になるのはほぼほぼ本番あっせんか暴力団がらみのどちらかだな。

 

どうしても逮捕が気になるならエステや手コキがおすすめ

ただ、どうしても逮捕が気になるのなら風俗エステや手コキなど、ソフトサービスの風俗店がおすすめだ。

 

エステや手コキならどうやっても本番につながらないから非常に逮捕されにくい。特に店舗型より派遣型のほうが安全だ。

 

デリヘル形式の派遣型風俗は全国に何万店舗とあるから警察も全部管理できない。だからヘルスやソープ、ピンサロよりはデリヘルのほうが逮捕されにくいぞ。

 

※メンズエステ(特にマンションの一室で経営している店舗)はグレーゾーン風俗なので一番危険です。回春エステなどの抜きありエステで届出済のお店が「風俗エステ」です。

 

まとめ

風俗店員として働いていて逮捕されるリスクはまずない。
店長クラス以上になると逮捕されることもあるが、健全に経営していれば逮捕されることはまずない。
どうしてもリスクを恐れるなら、エステとかオナクラとか、どうやっても本番に結びつかないお店を選ぶといいと思うぞ!

ページの先頭へ戻る