風俗店員のデメリットを紹介【拘束時間・休日数・世間体】

どうも!かめ太郎です!風俗店員は高収入で仕事も楽だ。
でも、当たり前だけどいいところばっかりじゃない。今回は風俗店員のデメリットについて紹介しよう!

風俗店員のデメリット@休みが少ない

風俗系の業界で一番良くないところが休みが少ないとこだ。
だいたいどこの会社も月に6日〜8日であることが多く、土曜は隔週で休み、祝日はなしなとこが多い
これは仕事が多いからじゃなくて、風俗店は休日がかきいれ時だからだ。
夏休みとか冬休みとかも少ないことが多く、休み取りたい奴には正直合わないぞ
ただ、この月6日休みは絶対に保証されてて、休日出勤とかサービス残業とかはほとんどないらしいのが救いだな。

風俗店員のデメリットA拘束時間が長い

さらに、風俗店員は拘束時間が長い。だいたいどこの会社も、拘束時間が12時間のところが多い。

 

早番、遅番と2交代制に分かれてて、早番は朝7時〜8時から夜9時まで、遅番は昼の11時から夜の11時ごろまで働かされる。
風俗店員は給料が高いけど、高い理由はぶっちゃけこの拘束時間の長さにあるんだ。

 

風俗店員のデメリットB世間体が悪い

風俗店員の最大のデメリットが世間体の悪さだ。
やっぱりこの業界は偏見の目で見られることが多い。

 

 

友達にばれたら馬鹿にされるし、結婚するときに嫁の実家から反対されたり、何かと苦労が多いのが現実だ。

 

実際、風俗業界も今待遇改善に力を入れていて、週休二日制を導入したり、拘束時間を減らそうと努力している会社もたくさんある。

 

だけど、この世間体の悪さだけはどうしようもない。

 

だから、奥さんや家族に仕事のことを隠してる人も結構多いみたいだな。

 

かめ太郎も親にはもちろん言ってないし、かめ太郎が風俗業界にいることは友達にすら一人も言ってない。もちろん将来結婚したとしても絶対に言わないし、墓場まで持っていくつもりだぞ!

 

風俗で働いていることはバレない

ただ、自分から言わないかぎり、あなたが風俗店員である事実がバレるリスクは非常に少ない。
風俗で名乗る名前は全部偽名(業界ネーム)だし、店舗名と会社名は全然違う。お店の名前とは全く違う名前の会社でサラリーマンをしてることになってるから、足がつくことは絶対にない。

 

最近は呼び込みも禁止されてっから、意図せずにバレることがあるとすれば知り合いが店にくることぐらいだな。

 

さらにもっと言うと、デリヘルや出張型エステなどの派遣型風俗の場合はお客さんと接することが全くないからバレるリスクがほぼ0に等しい。風俗店員最大のデメリットである世間体が気になるのなら、デリヘルで働いてみることをおすすめしよう。

まとめ

風俗店員には以上のデメリットがある。でも、風俗業界より休みが少なく、拘束時間が長い仕事なんかいくらでもある。
たとえば居酒屋チェーンの正社員なんか過労死してるやつはいっぱいいるぐれえだ。
だから、風俗店員に転職する最大のデメリットは世間体の悪さだ。
ここだけはオレが言ってもどうしようもないから、あなたの中で折り合いをつけるしかない。まああなたが誰かに喋らない限りはばれることはまずないけどな!

 

でも、それ以外の労働環境はまともだから、どこも行く宛がない奴は転職を前向きに考えてみてくれよ!

関連記事

https://kamejob.com/174/

 

https://kamejob.com/162/

 

https://kamejob.com/133/

 

https://kamejob.com/126/

 

https://kamejob.com/741/